>  > 東京の人妻風俗店での思い出

東京の人妻風俗店での思い出

東京の風俗の凄さを感じたひと時といえば、池袋の人妻店です。とりあえず仰向けになって普通にプレイを始めますが、この手コキは風俗嬢にやってもらいます。風俗って本来はオメケみたいなものなのですけどね。だってプレイの流れでするものなんだから。でも、予想通りサービス競争になってきたから、こんなことになるんですよ。もともと女の子の負担が軽いからって、綺麗な女の子が集まってたデリヘルもこれからは質が落ちるんじゃないかな。ってマツコみたいな巨漢女に手コキされて思いましたよ…。それでも精子がフルに溜まっていたので、速攻で発射しそうになり、慌ててもう一つのオプションの顔面騎乗してもらいました。しかし、この顔面騎乗は苦痛そのものでした。重くて痛くて臭いの三拍子揃ってました。やらなきゃよかった…なんとなく今回のデリヘルは駄目でした。なんか悪いことしたかなあ…。一人でシャワーでローション落としましたが、女の子に鬼のようにたっぷりローション塗られたので、ヌルヌルを落とすのに苦労しました。人妻も一歩間違えると化け物です。

[ 2016-05-19 ]

カテゴリ: デリヘル体験談

東京 人妻 風俗